manapedia
更新日時:
分母がA+Bの形をした分数の有理化のやり方と練習問題
著作名: ふぇるまー
249,647 views
分母の有理化

1/√2の形をした分数の有理化については、「分母の有理化のやり方と問題の解き方」でみてきました。ここでは次のような分数の有理化について解説していきます。




つまり、分母が(A+B)や(A-B)の形をした分数の有理化です。
1/√2の形をした分数は、分子と分母にそれぞれ√2をかければ有理化ができましたが、1/(√3+√2)の形をした分数では、有理化のやり方が異なります。ここで思い出してほしいことがあります。

(a+b)(a-b)=a²-b²
展開の公式の1つですが、この性質を利用します。

分母が"A+B"のときには分子と分母にそれぞれ"A-B"を、分母が"A-B"のときには分子と分母にそれぞれ"A+B"をかけて、A²-B²の形を作る。



1/(√3+√2)の場合、分子と分母に√3-√2をそれぞれかけて







次ページ:実際に問題を一緒に解いてみましょう


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






数学I