manapedia
更新日時:
『名を聞くより』の品詞分解(助動詞など) 徒然草
著作名: 走るメロス
57,766 views
名を聞くより

このテキストでは、徒然草の一節『名を聞くより』(名を聞くより、やがて面影は推し測らるる心地するを〜)の品詞分解を記しています。



※現代語訳:『名を聞くより』わかりやすい現代語訳と解説

※徒然草は兼好法師によって書かれたとされる随筆です。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。

品詞分解

※名詞は省略しています。


名を聞くより、やがて面影は推し量らるる心地するを、見る時は、また、かねて思ひつるままの顔したる人こそなけれ。

格助詞
聞くカ行四段活用「きく」の連体形
より、格助詞
やがて副詞
面影
係助詞
推し量らラ行四段活用「おしはかる」の未然形
るる自発の助動詞「る」の連体形
心地
するサ行変格活用「す」の連体形
を、接続助詞
見るマ行上一段活用「みる」の連体形
は、格助詞
また、副詞
かねて副詞
思ひハ行四段活用「おもふ」の連用形
つる完了の助動詞「つ」の連体形
まま
格助詞
サ行変格活用「す」の連用形
たる存続の助動詞「たり」の連体形
こそ係助詞
なけれ。ク活用の形容詞「なし」の已然形



物語を聞きても、この比の人の家のそこほどにてぞありけんと覚え、人も、今見る人の中に思ひよそへらるるは、誰もかく覚ゆるにや。

昔物語
格助詞
聞きカ行四段活用「きく」の連用形
接続助詞
も、係助詞
このごろ
格助詞
格助詞
格助詞
そこほど代名詞
断定の助動詞「なり」の連用形
接続助詞
係助詞
ありラ行変格活用「あり」の連用形
けん過去推量の助動詞「けむ」の連体形
格助詞
覚え、ヤ行下二段活用「おぼゆ」の連用形
も、係助詞
見るマ行上一段活用「みる」の連体形
格助詞
格助詞
思ひよそへハ行下二段活用「おもひよそふ」の未然形
らるる自発の助動詞「らる」の連体形
は、係助詞
代名詞
係助詞
かく副詞
覚ゆるヤ行下二段活用「おぼゆ」の連体形
断定の助動詞「なり」の連用形
や。係助詞



1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。