manapedia
更新日時:
土佐日記『忘れ貝』(四日。楫取り、『今日、風雲のけしきはなはだ悪し〜) わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
85,428 views
土佐日記「二月四日/忘れ貝」

このテキストでは、土佐日記の「四日。楫取り、『今日、風雲のけしきはなはだ悪し』と言ひて〜」から始まる部分の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては「二月四日」や「忘れ貝」と題するものもあるようです。



※土佐日記は平安時代に成立した日記文学です。日本の歴史上おそらく最初の日記文学とされています。作者である紀貫之が、赴任先の土佐から京へと戻る最中の出来事をつづった作品です。

原文

四日。楫取り、
「今日、風雲のけしきはなはだ悪し。」

と言ひて、船いださずなり(※1)ぬしかれどもひねもすに波風立たず。この楫取りは、日も(※2)え測らぬ かたゐなりけり。この泊の浜には、くさぐさうるはしき貝・石など多かりかかれば、ただ(※3)昔の人をのみ恋ひつつ、船なる人の詠める、


寄する波うちも寄せ(※4)なむわが恋ふる人忘れ貝降りて拾はむ

歌の解説

と言へれば、ある人のたへずして、船の心やりに詠める、
忘れ貝拾ひしもせじ(※5)白玉を恋ふるをだにも形見と思はむ

歌の解説

となむ言へる。女児のためには、親幼くなり(※6)ぬべし



「玉ならずもあり(※7)けむを。」

と人言はむ(※8)や。されども、
し子、顔よかりき。」

と言ふやうもあり。なほ同じ所に日を経ることを嘆きて、ある女の詠める歌、
手をひてて寒さも知らぬ泉にぞくむとはなしに日ごろ経にける

歌の解説


現代語訳

四日。船頭が、
「今日は、風や雲の様子がとてもよくない。」



と言って、船を出さないままになった。しかしながら、一日中波風は立たない。この船頭は、天候も予測できない愚か者であった。この港の浜辺には、(子どもの喜びそうな)様々な種類の美しい貝や石などがたくさんある。このようなわけで、ただ亡くなった人(自分の娘)のことばかりを恋しく思い、船にいる人(紀貫之の妻)が詠んだ(歌)。
(浜辺に)打ち寄せる波よ、どうか(恋しい人を忘れさせるという)忘れ貝を打ち寄せてほしい。そしたら(船から)降りて拾うから。

歌の解説


と詠んだので、居合わせる人がこらえることができずに、船旅の気晴らし(のため)に詠んだ(歌)。
忘れ貝は決して拾うまい。せめて白玉(のようにかわいいあの子)を恋しく思うだけでも、(あの子の)形見と思いましょう。

歌の解説

と詠んだ。娘のためには、親は子どものようになってしまうのであろう。
「白玉と言うほどではなかっただろう。」

と人は言うだろうか。しかし、
「亡くなった子は、顔が美しかった。」



と言うようなこともある。依然として、同じ場所で時間が経つことを嘆いて、とある女性が詠んだ歌。
手を水にぬらしても冷たさを感じるわけではない泉、その和泉という場所で、水をくむわけでもなく数日を過ごしてしまったことよ。

歌の解説


次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。