manapedia
『田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 富士の高嶺に 雪は降りける』現代語訳と解説
>
192,460views
『近江の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのに古思ほゆ』 現代語訳と解説
>
61,907views
『東の 野に炎の 立つ見えて かへり見すれば 月傾きぬ』現代語訳と解説
>
56,254views
高校古文『東の野にかげろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ』現代語訳と解説・品詞分解
>
46,197views
『淡海の海夕波千鳥汝が鳴けば 情もしのに古思ほゆ』わかりやすい現代語訳と解説
>
58,645views
『石見のや高角山の木の間より我が振る袖を妹見つらむか』現代語訳と解説・品詞分解
>
18,626views
高校古文『田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 不尽の高嶺に 雪は降りける』の現代語訳と解説
>
19,397views
柿本人麻呂『ささなみの志賀の唐崎幸くあれど大宮人の船待ちかねつ』現代語訳と品詞分解
>
14,194views
『笹の葉はみ山もさやにさやげども我は妹思ふ別れ来ぬれば』現代語訳と品詞分解
>
19,587views
古文単語「ちはやぶる/千早振る」の意味・解説
>
6,836views