新規登録 ログイン
検索条件
タグ 源氏物語の現代語訳

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
源氏物語 桐壺 その19 源氏元服【原文】 この君の御童姿、いと変へまうく思せど、十二にて御元服したまふ。居起ち思しいとなみて、限りある事に事を添へさせたまふ。 一年の春宮の御元服、南殿にてあり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語 桐壺 その10 靫負命婦の弔問3【源氏物語の原文とわかりやすい現代語訳・あらすじ】 「見たてまつりて、くはしう御ありさまも奏しはべらまほしきを、待ちおはしますらむに、夜更けはべりぬべし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語 桐壺 その16 高麗人の観相、源姓賜わる【源氏物語 原文】 そのころ、高麗人の参れる中に、かしこき相人ありけるを聞こし召して、宮の内に召さむことは、宇多の帝の御誡めあれば、いみじう忍び... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 今は内裏にのみさぶらひたまふ。七つになりたまへば、読書始めなどせさせたまひて、世に知らず聡う賢くおはすれば、あまり恐ろしきまで御覧... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語 桐壺 その18 源氏、藤壺を思慕 【原文】 源氏の君は、御あたり去りたまはぬを、ましてしげく渡らせたまふ御方は、え恥ぢあへたまはず。いづれの御方も、われ人に劣らむと思いたるやはある、と... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語 桐壺 その9 靫負命婦の弔問2【源氏物語 原文】 南面に下ろして、母君も、とみにえものものたまはず。   「今までとまりはべるがいと憂きを、かかる御使の蓬生の露分け入りたまふにつけても... (全て読む)
9_80
Text_level_1
【源氏物語 桐壺 若宮参内 原文】 月日経て、若宮参りたまひぬ。いとどこの世のものならず清らにおよすげたまへれば、いとゆゆしう思したり。 明くる年の春、坊定まりたまふにも、いと引き越さまほしう思... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語 桐壺 その17 先帝の四宮(藤壺)入内【源氏物語 原文】 月に添へて、御息所の御ことを思し忘るる折なし。「慰むや」と、さるべき人びと参らせたまへど、 「なずらひに思さるるだにいとかたき... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 野分立ちて、にはかに肌寒き夕暮のほど、常よりも思し出づること多くて、靫負命婦といふを遣はす。夕月夜のをかしきほどに出だし立てさせた... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 その夜、大臣の御里に源氏の君まかでさせたまふ。作法世にめづらしきまで、もてかしづききこえたまへり。いときびはにておはしたるを、ゆ... (全て読む)

1

2

3

4