新規登録 ログイン
検索条件
タグ 西行

1

1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「心なき身にもあはれは知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮れ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。 [ad 001] ※新... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、松尾芭蕉の書いた奥の細道の冒頭部分についてみていきます。 【原文】 月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり。船の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「道の辺に清水流るる柳陰 しばしとてこそ立ちどまりつれ」の原文、現代語訳(口語訳)、解説と品詞分解を記しています。 [ad 001] ※... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり小夜の中山」の原文、現代語訳(口語訳)、解説と品詞分解を記しています。 [ad 001] ※新... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あはれ このテキストでは、古文単語「あはれ」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] ※「あはれ」には、 ①感動詞 ②名詞 の用法がある。 ①感動詞 意味 ああ。 [出典... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ」の原文、現代語訳・口語訳、解説とその品詞分解を記しています。 [ad 001] 原... (全て読む)

1