新規登録 ログイン

18_80 アジア諸地域世界の繁栄と成熟 / 東アジア・東南アジア世界の動向(明朝と諸地域)

朱元璋の儒教化1

著者名: Satow
Text_level_2
マイリストに追加
朱元璋は、最初は仏教的反乱軍である紅巾軍の一武将として、立場上は仏教徒として戦っていました。しかし明を建国する頃には、儒教的立場を鮮明にしています。では、朱元璋はどのようにして儒教的立場を固めていったのでしょうか。以下、見てみましょう。

紅巾軍には、東系紅巾軍と西系紅巾軍とがありました。東系紅巾軍では、劉福通(りゅうふくつう)が白蓮会主の韓山童(かんざんどう)を棟梁とし、「韓山童こそが宋の君主の孫であり、中国の本当の君主であるべきだ」と主張して、反乱を起こしました。

やがて韓山童(かんざんどう)が捕まり、その子供の韓林児(かんりんじ)は辛うじて逃げ出しました。

その後、劉福通(りゅうふくつう)は勢力を拡大し、韓林児(かんりんじ)を迎えて帝位につけ、建国を宣言しました。かの朱元璋を見いだした郭子興(かくしこう)は東系紅巾軍の一武将だったので、朱元璋は韓林児や劉福通からすれば、陪臣(主君の部下の部下)にあたります。

朱元璋ははじめは郭子興(かくしこう)の部下でしたが、郭子興(かくしこう)が死ぬと元帥に任じられ、直臣(主君の直接の部下)となりました。朱元璋、28歳でした。翌年、朱元璋は南京を落とし、本拠地としました。その後も、朱元璋は徐々に勢力拡大を果たしますが、別のところを本拠地としていた韓林児(かんりんじ)と劉福通(りゅうふくつう)は元軍に負け続け、ついに南京に朱元璋を頼ってきました。東系紅巾軍の中では、朱元璋が最優位に立ったのです。

さて、西系紅巾軍では陳友諒(ちんゆうりょう)という人物が皇帝を名乗っていました。また別の地域には張士誠(ちょうしせい)という人物もおり、どちらも朱元璋にとっては手強いライバルでした。朱元璋は有能な部下の策略を用い、二人のライバル相手に奮戦し、何とか陳友諒(ちんゆうりょう)を倒すことに成功します。

次に朱元璋は張士誠(ちょうしせい)を倒しに行くのですが、その際に軍士ひとりひとりに檄文を持たせます。それによれば、この度の出軍の趣旨として元朝の悪政を非難し、紅軍政権および紅軍のデタラメや迷信を咎め、張士誠(ちょうしせい)の八罪を数え、最後に儒教的立場から自らの大義名分を明らかにしています。紅巾軍出身の朱元璋だったにもかかわらず、ここではもはや仏教的傾向は一切なくなっているのです。

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
紅巾軍
世界の歴史 9 最後の東洋的社会 中公文庫

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,006 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。