manapedia
『王昭君』現代語訳・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
84,505 views

現代語訳(口語訳)

元帝の後宮に住む女性たちは既にたくさんいたので、常に(元帝に)お目にかかることができるというわけではありませんでした。
そこで(元帝は)絵描きたちに(女性の)姿を描かせて、その絵で、(選んだ)女性を召し抱えて寵愛していました。
宮中の女性たちは皆、(美しく描いてもらおうと)絵描きたちに賄賂をわたし、多い者は十万(の賄賂)を、少ない者でも五万を下りませんでした
一人王嬙(王昭君)だけはこれを良しとしませんでした。
(醜く描かれた絵のせいで、王昭君は)ついに(元帝に)お目にかかることはできませんでした。

匈奴が朝貢してきたとき、美人をもらって君主の妻としたいと言いました。
(元帝は)そこで、(絵描きに描かせた)絵を参考に、王昭君を(妻として)行かせることにしました。
(王昭君が宮廷を)去ることになったので、(元帝が)召し抱えて(王昭君を)見たところ、(王昭君は)宮廷一の美貌でした。
対応の仕方がよく、立ち振舞いはしとやかで優雅でした。
元帝はこれ(王昭君を嫁がせること)を後悔しましたが、(王昭君の名が記された)名簿は既に出来上がっていました。
元帝は外国への信用を重視しました。
それゆえにもう人を変えることはしませんでした。
そこで(元帝は不思議に思って)その事を徹底的に調べて、絵描きたちを皆死刑にしてその死体を市中にさらしました。

単語・文法解説

後宮宮廷に使える女性たちの詰め所、またはそのに住む女性たちのことを指す言葉
使画工図形「使AをしてB」で「AにBさせる」と訳す。使役
幸す寵愛する
入朝朝貢するためにやってくる
閼氏「えんし、あつし」と読む。匈奴の君主の妻のことを指す
閑雅しとやかで優雅な様
窮案徹底的に調べ上げる
棄市公衆で打首にして、死体を市中にさらすこと




1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。