manapedia
古文単語「おぼしみだる/思し乱る」の意味・解説【ラ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
62 views
おぼしみだる/思し乱る

ALT

ラ行下二段活用

未然形おぼしみだれ
連用形おぼしみだれ
終止形おぼしみだる
連体形おぼしみだるる
已然形おぼしみだるれ
命令形おぼしみだれよ


意味:自動詞

(「おもひみだる」の尊敬語)
あれこれお悩みになる、お心がお乱れになる

[出典]車争ひ 源氏物語
「斎宮の御母御息所、もの思し乱るる慰めにもやと、忍びて出でたまへるなりけり。」

[訳]:斎宮の御母御息所が、お心がお乱れでいらっしゃる慰めにもなろうかと、人目につかないようにお出かけになったのでした。

※「もの」は接頭語


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。