manapedia
更新日時:
古文単語「またの/又の」の意味・解説【連語】
著作名: 走るメロス
861 views
またの/又の

ALT

連語

名詞「また」と格助詞「の」が一語になったもの。

意味1

次の、翌

[出典]すける物思ひ 伊勢物語
「今日の入相ばかりに絶え入りて、またの日の戌の時ばかりになむ、からうじて生き出でたりける。」

[訳]:今日の夕方ぐらいに気を失って、日の午後八時頃になってようやく息を吹き返しました。

※「またの日」で一語とする場合もある。


意味2

もうひとつの、別の

[出典]:古事記
「次に生める神の名は、鳥之石楠船神またの名は天鳥船と謂ふ。」

[訳]:次に生んだ神の名前は、鳥之石楠船神、別の名を天鳥船という。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。