manapedia
更新日時:
古文単語「おこす/遣す」の意味・解説【サ行下二段活用/サ行四段活用】
著作名: 走るメロス
3,137 views
おこす/遣す

このテキストでは、古文単語「おこす/遣す」の意味、活用、解説とその使用例を記している。

「おこす」には
起こす(サ行四段活用)
②遣す
などの用法があるが、ここでは「②遣す」を扱う。
サ行下二段活用

未然形おこせ
連用形おこせ
終止形おこす
連体形おこする
已然形おこすれ
命令形おこせよ


意味1:他動詞

送ってくる、こちらによこす

[出典]道真の左遷 大鏡
「東風吹かばにほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ」

[訳]:(春になって)東の風が吹いたならば、その香りを(私のもとまで)送っておくれ、梅の花よ。主人がいないからといって、(咲く)春を忘れてくれるなよ。


意味2:補助動詞

こちらに向けて〜する、こちらへ〜する、〜ってよこす

[出典]:東屋 源氏物語
「の尼君のもとよりぞ、母北の方にのたまひしさまなど、たびたびほのめかしおこせけれど、まめやかに御心とまるべきこととも思はねば...」

[訳]:あの尼君の所から、母である北の方に(薫が)おっしゃったことなどを、何度もそれとなく言ってよこしたのですが、本気でお心がとまるように思われないので...




サ行四段活用

※中世以降、サ行四段活用の他動詞として扱われることもあるが、意味は「意味1」と同じなのでここでは活用のみの記載とする。

未然形おこさ
連用形おこし
終止形おこす
連体形おこす
已然形おこせ
命令形おこせ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。