manapedia
更新日時:
古文単語「する/擦る/磨る/摩る/擂る」の意味・解説【ラ行四段活用】
著作名: 走るメロス
1,943 views
する/擦る/磨る/摩る/擂る

ALT

「する」には
①刷る/摺る
②擦る/磨る/摩る/擂る
などの用法があるが、ここでは「②」を扱う。
ラ行四段活用

未然形すら
連用形すり
終止形する
連体形する
已然形すれ
命令形すれ


意味1:他動詞

こすり合わせる

[出典]:宇治拾遺物語
「これをむげの者は、手をすりて拝む。」

[訳]:(入水しようとしている僧を見て、)これを無教養な者は、手をこすり合わせて拝む。


意味2:他動詞

こすって研ぐ、磨く、墨などをする

[出典]にくきもの 枕草子
「硯に髪の入りて、すられたる。」

[訳]:硯に髪が入ったまま、(墨が)すられているの(はしゃくに障る)。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。