manapedia
更新日時:
古文単語「とりどころ/取り所」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
3,436 views
とりどころ/取り所

このテキストでは、古文単語「とりどころ/取り所」の意味、解説とその使用例を記している。

名詞

意味1

とりえ、長所

[出典]二月つごもりごろに 枕草子
「主殿司は、『とくとく。』と言ふ。げに遅うさへあらむは、いと取りどころなければ、さはれとて...」

[訳]:主殿寮の役人は、「早く早く(返事をください)。」と言います。いかにも、(歌の内容が悪くそのうえ返事も)遅いとなっては、たいそうとりえもないので、ままよ、と思って...


意味2

器の取っ手、柄

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。