manapedia
古文単語「かうてさぶらふ/斯うて候ふ」の意味・解説【連語】
著作名: 走るメロス
5,505 views
かうてさぶらふ/斯うて候ふ

ALT

※副詞「かくて」とハ行四段活用「さぶらふ」の終止形「さぶらふ」が一語になった「かくてさぶらふ」のウ音便。
連語

意味

ごめんください

[出典]二月つごもりごろに 枕草子
「黒戸に主殿寮きて、『かうて候ふ。』と言へば...」

[訳]:黒戸(の部屋)に主殿寮の役人が来て「ごめんください。」と言うので...


備考

もともとは「こうして控えております」という意味だが、転じて「ごめんください」という慣用的な挨拶の言葉となった。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。