manapedia
更新日時:
古文単語「しゅしょうなり/殊勝なり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】
著作名: 走るメロス
5,727 views
しゅしょうなり/殊勝なり

このテキストでは、ナリ活用の形容動詞「しゅしょうなり/殊勝なり」の意味、活用、解説とその使用例を記している。

形容動詞・ナリ活用

未然形しゅしょうなら
連用形しゅしょうなりしゅしょうに
終止形しゅしょうなり
連体形しゅしょうなる
已然形しゅしょうなれ
命令形しゅしょうなれ


意味1

特に優れている、格別である

[出典]:鳥羽の作道は 徒然草
「元良親王、元日の奏賀の声、はなはだ殊勝にして...」

[訳]:元良親王の、元日の祝賀を申し上げる声が、たいそう格別で...


意味2

おごそかだ、心打たれる様である

[出典]丹波に出雲といふ所あり 徒然草
「いかに殿原、殊勝の事は御覧じ咎めずや。無下なり。」

[訳]:ちょっとみなさん、(狛犬らの置かれ方の)おごそかなことには御覧になってお気にとめられないのですか。まったくひどい。




意味3

感心だ、けなげである

[出典]:末の松山 奥の細道
「さすがに辺土の遺風忘れざるものから、殊勝に覚えらる。」

[訳]:そうはいってもやはり田舎の伝統を忘れずに伝えているのだから、感心だと思われる。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。