manapedia
更新日時:
土佐日記『門出』(男もすなる日記といふものを〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
435,093 views
『門出・馬のはなむけ』

このテキストでは、紀貫之が著した土佐日記の中の「門出」の「男もすなる日記といふものを〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「馬のはなむけ」と題するものもあるようです。



※現代語訳はこちら:『馬のはなむけ(門出)』の現代語訳

※土佐日記は平安時代に成立した日記文学です。日本の歴史上おそらく最初の日記文学とされています。作者である紀貫之が、赴任先の土佐から京へと戻る最中の出来事をつづった作品です。

品詞分解

※名詞は省略しています。



男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて、するなり。それの年の十二月の二十日あまり一日の日の戌の時に、門出す。そのよし、いささかにものに書きつく。

係助詞
サ行変格活用「す」の終止形
なる伝聞の助動詞「なり」の連体形
日記
格助詞
いふハ行四段活用「いふ」の連体形
もの
を、格助詞
係助詞
サ行変格活用「す」の連用形
接続助詞
マ行上一段活用「みる」の未然形
意志の助動詞「む」の終止形
格助詞
て、接続助詞、※「とて」で格助詞とする解釈もある
するサ行変格活用「す」の連体形
なり。断定の助動詞「なり」の終止形
それ代名詞
格助詞
格助詞
十二月
格助詞
二十日あまり一日
格助詞
格助詞
格助詞
に、格助詞
門出
す。サ行変格活用「す」の終止形。※「門出す」でサ行変格活用とする解釈もある
代名詞
格助詞
よし、
いささかにナリ活用の形容動詞「いささかなり」の連用形
もの
格助詞
書きつく。カ行下二段活用「かきつく」の終止形



ある人、県の四年五年果てて、例のことどもみなし終へて、解由など取りて、住む館より出でて、船に乗るべき所へ渡る。

ある連体詞
人、
格助詞
四年五年
果てタ行下二段活用「はつ」の連用形
て、接続助詞
格助詞
ことども
みな副詞
サ行変格活用「す」の連用形
終へハ行下二段活用「をふ」の連用形
て、接続助詞
解由
など副助詞
取りラ行四段活用「とる」の連用形
て、接続助詞
住むマ行四段活用「すむ」の連体形
より格助詞
出でダ行下二段活用「いづ」の連用形
て、接続助詞
格助詞
乗るラ行四段活用「のる」の終止形
べき当然の助動詞「べし」の連体形
格助詞
渡る。ラ行四段活用「わたる」の終止形


【「解由」の意味・読み方は?】


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。