manapedia
更新日時:
小野小町『色見えで移ろふものは世の中の人の心の花にぞありける』現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
60,600 views
はじめに

このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「色見えで移ろふものは世の中の人の心の花にぞありける」の原文、現代語訳(口語訳)と解説、そして品詞分解を記しています。



※古今和歌集(こきんわかしゅう)は、平安時代前期の勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)です。勅撰和歌集とは、天皇や上皇の命令により編集された和歌集のことです。

作者

小野小町(おののこまち/をののこまち)。生没年不詳。平安時代前期の歌人で、六歌仙・三十六歌仙に名を連ねた。歌の才能とその美貌で知られているが、詳細は不明。

原文

色見えで移ろふものは世の中の人の心の花にぞありける

ひらがなでの読み方

いろみえで うつろふものは よのなかの ひとのこころの はなにぞありける

現代語訳(口語訳)

(草木や花であれば、色あせていく様が目に見えるけれど、)外見には見えずに色あせてしまう(変わってしまう)ものは、人の心に咲く花であったのだなぁ。



単語

形あるもの、目で見ることのできるもの
移ろふ人の心が他に動く、花の色があせる
世の中男女の恋の中
花にぞありける「ぞ~ける」で係り結びの法則


品詞分解

※名詞は省略しています。



見えマ行下二段活用・未然形
接続助詞
移ろふハ行四段活用・連体形
もの
係助詞
世の中
格助詞
格助詞
格助詞
断定の助動詞・連用形
係助詞
ありラ行変格活用・連用形
ける詠嘆の助動詞・連体形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。