新規登録 ログイン
検索条件
タグ 御輿振

1

9_80
Text_level_1
平家物語 御輿振 さる程に山門の大衆、国司加賀守師高を流罪に処せられ、目代近藤判官師経を禁獄せらるべき由奏聞(そうもん)度々に及ぶといへども、御裁許なかりければ、日吉の祭礼をうちとどめて、安元三... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 御輿振 大衆無勢たるによって、北の門、縫殿(ぬいどの)の陣より、神輿を入れ奉らむとす。頼政卿さる人にて、馬よりおり甲(かぶと)を脱いで、神輿を拝し奉る。兵(つわもの)ども皆かくのごとし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 御輿振 若大衆どもは、 「何条その義あるべき。ただこの門より神輿を入れ奉れ」 といふやから多かりけれども、老僧の中に、三塔一の僉議者と聞こえし、摂津竪者豪運、進み出でて申しけるは、 「... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かぎる/限る このテキストでは、ラ行四段活用の動詞「かぎる/限る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ラ行四段活用 |未然形|かぎら| |連用形|かぎり| |終止形|... (全て読む)

1