新規登録 ログイン
検索条件
タグ 宮仕へ

1

9_80
Text_level_1
更級日記 宮仕へ 十月になりて京にうつろふ。母、尼になりて、同じ家の内なれど、かたことに住みはなれてあり。父(てて)は、ただ我をおとなにしすゑて、我は世にも出でまじらはず、かげにかくれたらむやう... (全て読む)
9_80
Text_level_1
うし/憂し このテキストでは、ク活用の形容詞「うし/憂し」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|うく|うから| |連用形|うく|うかり| |終... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記 宮仕へ 其の一 十二月二十五日、宮の御仏名に召しあれば、その夜ばかりと思ひて参りぬ。しろき衣どもに、こき掻練(かいねり)を皆着て、四十余人ばかりいでゐたり。しるべしいでし人のかげに隠れ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おとな/大人 このテキストでは、古文単語「おとな/大人」の意味、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 名詞 意味1 成人した人、一人前の大人。 [出典]: 筒井筒 伊勢物語 「昔、田... (全て読む)

1