manapedia
更新日時:
『鴻門之会・樊噲、頭髪上指す』(於是張良至軍門、見樊噲〜)わかりやすい現代語訳・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
1,120,024 views

現代語訳(口語訳)

是に於いて張良軍門に至り、樊噲を見る。樊噲曰はく、
そこで張良は陣営の入り口に行き、樊噲と会いました。樊噲が言うことには、
「今日の事、何如。」と。
「今日の(会見の)様子はどうですか。」と。






良曰はく、
(張)良が言うことには、
「甚だ急なり。
「とても(事態が)切迫している。

今者項荘剣を抜きて舞ふ。其の意常に沛公に在るなり。」と。
いま項荘が剣を抜いて舞っている。その意識は常に沛公(を殺すこと)にある。」と。


噲曰はく、
(樊)噲が言うことには、
「此れ迫れり。臣請ふ、入りて之と命を同じくせん。」と。
「これは危ない。(宴の中に)入って主君(沛公)と生死を共にしたい。」と。


噲即ち剣を帯び盾を擁して軍門より入らんとす。
(樊)噲はすぐに剣をさし盾をかかえて陣営の門から入ろうとしました。





交戟の衛士、止めて内れざらんと欲す。
矛を交差して構えていた衛兵が、呼び止めて中に入れまいとしました。

樊噲其の盾を側てて以つて撞く。衛士地に仆る。
樊噲は(自分の)盾を高く構えて(衛兵を)突きました。衛兵は地面に倒れました。


噲遂に入り、帷を披きて西嚮して立ち、目を瞋らして項王を視る。
(樊)噲は(宴に)入り、垂れ幕をめくって西を向いて立ち、目を見開いて項王をにらみつけました。

頭髪上指し、目眥尽く裂く。
その髪の毛は逆立ち、まなじりは裂けんばかりでした。





項王剣を按じて跽して曰はく、
項王が剣に手をかけ片膝をついて(身構えながら)言うことには、
「客何為る者ぞ」と。
「お前は何者だ。」と。


張良曰はく、
張良が言うことには、
「沛公の参乗樊噲といふ者なり。」と。
「沛公の参乗で樊噲という者です。」と。


項王曰はく、
項王が言うことには、
「壮士なり。之に卮酒を賜へ」と。
「勇ましい(男だ)。こいつに杯についだ酒をふるまえ。」と。


則ち斗卮酒を与ふ。
そこで(樊噲に)一斗の量の酒を与えました。

噲拝謝して起ち、立ちながらにして之を飲む。
(樊)噲は礼を言って立ち、立ちながらこれを飲みました。





項王曰はく、
項王が言うことには、
「之に彘肩を賜へ。」と。
「こいつに豚の肩の肉を与えよ。」と。


則ち一の生彘肩を与ふ。
そこで一かたまりの生の豚の肩の肉を(樊噲に)与えました。

樊噲其の盾を地に覆せ、彘肩を上に加へ剣を抜き切りて之を啗らふ。
樊噲は自分の盾を地面に置き、肩肉をその上にのせて剣の抜いて切ってこれをむさぼり食いました。

項王曰はく、
項王が言うことには、

「壮士なり。能く復た飲むか」と。
「勇ましい(男だ)。まだ飲めるか。」と。






樊噲曰はく、
樊噲が言うことには、
「臣死すら且つ避けず。卮酒安くんぞ辞するに足らん。
「私は死すら避けようとしません。大杯の酒をどうして断ることをいたしましょうか、いやいたしません。

夫れ秦王虎狼の心有り。
そもそも秦王は虎や狼のような(残忍な)心がありました。

人を殺すこと挙ぐる能はざるがごとく、人を刑すること勝へざるを恐るるがごとし。
殺した人は数えきれず、人を処刑するにあたっては(処刑する人が多すぎて処刑しきれないのではと)心配するほどでした。

天下皆之に叛く。
(だから)世間の人は皆、これ(秦のやり方)に背いたのです。





懐王諸将と約して曰はく、
懐王は将軍たちと約束をしておっしゃいました。

『先に秦を破り咸陽に入る者は、之に王とせん』と。
『最初に秦を破り咸陽に入った者を、ここの王とする。』と。

今沛公、先に秦を破り咸陽に入るも、毫毛も敢へて近づくる所有らず。
いま沛公は、最初に秦を破り咸陽に入りましたが、ほんの少し(の宝)も決して(自分に)近づけることをしませんでした(※財宝を着服することがなかった)。

宮室を封閉し、軍を覇上に還して、以つて大王の来たるを待てり。
宮廷を封鎖し、軍を覇上に引き返して、大王(項王)がいらっしゃるのをお待ちしていたのです。

故に将を遣はして関を守らしめしは、他盗の出入と非常とに備へしなり。
わざわざ兵を遣わして函谷関を守らせたのは、他の盗賊の出入りと非常事態に備えたからです。

労苦だしくして功高きこと此くのごときも、未だ封侯の賞有らず。
苦労をして功績が高いのはこのようでありながら、いまだ諸侯にとりたてられるという恩賞もありません。

而るに細説を聴きて、有功の人を誅せんと欲す。
ところが(項王は)つまらない者の言うことを聞いて、功績のある人物を殺そうとしておられます。

此れ亡秦の続のみ。窃かに大王の為に取らざるなり。」と。
これでは滅びた秦と同じではありませんか。恐れながら申し上げますが項王の為に賛成しかねます。」と。






項王未だ以つて応ふる有らず。曰はく、
項王はまだ応じずにいました。(そして)言うことには、
「坐せよ。」と。
「座れ。」と。


樊噲良に従ひて坐す。
樊噲は(張)良の側に座りました。

坐すること須臾にして、沛公起ちて厠に如く。
(樊噲が)座ってからしばらくして、沛公は立って便所へと行きました。

因りて樊噲を招きて出づ。
そのついでに樊噲を招いて(一緒に)外へ出たのです。


※つづく:沛公は既に出ました〜





単語・文法解説

「私」相手にへりくだって言うときに使う言葉
交戟矛を交差して構えた衛兵
欲止不内「欲A」で「Aと欲す」と読み、「Aしようとする」訳す
参乗護衛
壮士勇ましい者
斗卮酒「斗」は単位で、秦の時代には「約3,4リットル」
彘肩豚の肩の肉
卮酒安足辞「安クンゾ〜」で、「どうして〜か、いや〜ない」と反語を表す
「そもそも」と訳す
毫毛「獣の細い毛」を指すが、転じて「ほんの少し」と訳す
不敢有所近「不敢A」で「決してAしない」と訳す
ここでは「関」とは「函谷関」のことを指す。物語のあらすじから推測できる
未有封侯之賞「未」は再読文字。「いまだ〜ず」と読み、「まだ〜していない」と訳す
細説曹無傷の「沛公が項王を出し抜こうとしている」という告げ口のことを指している
須臾しばらくたって、少しして




著者情報:走るメロスはこんな人

学生時代より古典の魅力に取り憑かれ、社会人になった今でも休日には古典を読み漁ける古典好き。特に1000年以上前の文化や風俗をうかがい知ることができる平安時代文学がお気に入り。作成したテキストの総ページビュー数は1,6億回を超える。好きなフレーズは「頃は二月(にうゎんがつ)」や「月日は百代の過客(くゎかく)にして」といった癖のあるやつ。早稲田大学卒業。



1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。