新規登録 ログイン

18_80 ヨーロッパ世界の形成と変動 / 西ヨーロッパ世界の成立

ゲルマン民族の大移動

著者名: エンリケ航海王子
Text_level_2
マイリストに追加

ローマ帝国の支配力低下


なぜ、このようにいったんは匿ってもらったはずの西ゴート族が国を建てるに至ったのか。
その背景にはローマ帝国の支配力の低下があります。
395年にはローマ帝国は東西に分裂しています。

そのような状態ですので、他のヴァンダル・ブルグント・フランクなどの部族もライン川を越えてガリア地方に侵入してきます。
そして、それぞれの部族が国家を建設します。

ALT


ローマ帝国は、どうなってしまったのでしょう。
東西分裂後、西ローマ帝国は皇帝権の衰退とゲルマン人の侵入で弱体化し、
476年,ゲルマン人傭兵隊長オドアケルによって滅亡しました。
東ローマ帝国はゲルマン民族の侵入を受けることが比較的少なく、その後も1000年ほど存続します。
1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 世界史B』 山川出版社
『詳説世界史研究』 山川出版社
『世界史B 用語集』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 22,688 pt 
 役に立った数 8 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 20 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。