manapedia
更新日時:
伊勢物語『東下り・すみだ河』(なほ行き行きて〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
237,376 views

さるをりしも、白き鳥の、嘴と脚と赤き、鴫の大きさなる、水の上に遊びつつ魚を食ふ。京には見えぬ鳥なれば、皆人見知らず。


さる連体詞
をり
しも、副助詞
白き形容詞・ク活用・連体形
の、格助詞
格助詞
格助詞
赤き、形容詞・ク活用・連体形
格助詞
大きさ
なる、断定の助動詞・連体形
格助詞
格助詞
遊びバ行四段活用・連用形
つつ接続助詞
格助詞
食ふ。ハ行四段活用・終止形
格助詞
係助詞
見えヤ行下二段活用・未然形
打消の助動詞・連体形
なれ断定の助動詞・已然形
ば、接続助詞
みな人
見知らラ行四段活用・未然形
ず。打消の助動詞・終止形



渡守に問ひければ、「これなむ都鳥」といふを聞きて、「名にし負はば いざ言問はむ 都鳥 わが思ふ人は ありやなしやと」とよめりければ、舟こぞりて泣きにけり。

渡し守
格助詞
問ひハ行四段活用・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞
「これ代名詞
なむ係助詞
都鳥。」
格助詞
いふハ行四段活用・連体形
格助詞
聞きカ行四段活用・連用形
て、接続助詞
格助詞
副助詞
負はハ行四段活用「おふ」の未然形
接続助詞
いざ感動詞
言問はハ行四段活用「こととふ」の未然形
意志の助動詞「む」の終止形
都鳥
代名詞
格助詞
思ふハ行四段活用「おもふ」の連体形
係助詞
ありラ行変格活用「あり」の終止形
係助詞または終助詞
なし形容詞・ク活用「なし」の終止形
係助詞または終助詞
格助詞
格助詞
よめマ行四段活用・已然形または命令形
完了の助動詞・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞
こぞりラ行四段活用・連用形
接続助詞
泣きカ行四段活用・連用形
完了の助動詞・連用形
けり。過去の助動詞・終止形


※現代語訳はこちら:「なほ行き行きて、武蔵の国と下総の国との仲に、いと大きなる河あり〜」の現代語訳

1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。