manapedia
更新日時:
『五十歩百歩』書き下し文と現代語訳(口語訳)
著作名: 走るメロス
309,482 views

現代語訳(口語訳)

孟子が答えておっしゃいました。

「王は戦が好きですので、戦いに例えて意見させてください。戦いを鼓舞するドラムが鳴って、兵は武器をもって戦い始めています。そのようなときに、鎧を捨てて逃げ出す兵士がいました。1人は100歩逃げてとまり、もう1人は50歩逃げてとまりました。すると50歩逃げた人間が、100歩逃げた人を笑ったとしたらどうお感じになりますか?」と。




これを聞いた王は答えます。
「それはよくない。(50歩逃げた人は)ただ100歩逃げなかったというだけで、逃げたことにはかわりがないのだから。」と。


五十歩百歩が伝えたかったこと

この物語から孟子は、「王が行っている政治は、となりの国と比べても大きな差はなく本質的な違いはないのです。(だからとなりの国から民衆が流れてこないのでしょう)」と伝えたかったのだと思われます。

置き字

白文で赤文字で記したものは置き字と呼ばれるものです。
【而】文章の接続を表すもの。~して、~だけれどもの意味


練習問題にチャレンジ!

『五十歩百歩』テストで出題されそうな問題

1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。