新規登録 ログイン

18_80 アジア・アメリカの古代文明 / 中国の古典文明(殷・周の成立から秦・漢帝国)

中国の古代文明 ~黄河文明の特徴、仰韶文化、殷、周の成立~

著者名: エンリケ航海王子
Text_level_2
マイリストに追加

周王朝の成立

紀元前11世紀になると、それまで繁栄していた殷王朝にも翳りが見え始めます。
殷王朝の最後の王である紂王は、暴君として圧政を行い、次第に民衆から反感をかうようになっていきました。

このような状況の中、殷に服属していた周という国が、殷王朝の打倒を目指すようになります。

周の武王は多くの人民の支持を取り付けると同時に、紀元前1027年牧野の戦いで殷の紂王を破ると、殷を滅ぼし西周(殷滅亡から前770年まで)という王朝を建てました。

殷の滅亡と周の誕生を描いた作品として、明代に成立した『封神演義』があります。日本でも漫画で人気の作品でしたね。


西周は首都を鎬京にさだめ、各地の諸侯に、封土という領地を与え、周王室都の関係性から公・候・伯・子・男という称号を与え統治しました。

この称号は、公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵といった日本の爵位にも受け継がれていました。


各地の諸侯には、卿・大夫・士などの世襲の家臣がいて、諸侯は采邑という領土を与え、その見返りに貢納や軍事奉仕といった主従関係が見られました。これを封建制といいます。

周王朝では、親族の血縁関係を元にした支配構造が確立しました。父系の親族集団を宗族といい、嫡流を大宗、傍流を小宗として区別し、大宗が強力な権限で一族をまとめ、支配していました。この秩序を定めたのが宗法で、規則をと言います。

宗法と礼はそれぞれ封建制を支える重要な役割を果たし、殷の祭政一致と比較して周の政治体制を礼政一致と表現します。

おわりに

以上が、黄河文明の成立から周の誕生まででした。周の衰退が始まると、このあと中国は春秋戦国時代へと向かいます。
1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Tunagari_title
・中国の古代文明 ~黄河文明の特徴、仰韶文化、殷、周の成立~

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『世界史B 用語集』 山川出版社
『詳説世界史研究』 山川出版社
『教科書 世界史B』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 115,218 pt 
 役に立った数 109 pt 
 う〜ん数 27 pt 
 マイリスト数 12 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。