manapedia
更新日時:
ユダヤ教とは わかりやすい世界史用語198
著作名: ピアソラ
217 views
ユダヤ教とは

ユダヤ教の歴史は、古代から現代に至るまで、多岐にわたる複雑な経緯を辿ってきました。

古代ユダヤ教の誕生と進化
ユダヤ教は、紀元前2000年頃の古代イスラエルに起源を持ちます。アブラハムに始まる一神教としての信仰は、モーセによる出エジプトとシナイ山での律法の授与を経て、形成されました。この時期、ユダヤ人は神との契約、すなわち「選ばれた民」としての自覚を深め、それがユダヤ教の中核的な思想となりました。
またユダヤ教はゾロアスター教の影響を受けました。

ユダヤ教の歴史的出来事
ユダヤ教の歴史は、多くの重要な出来事によって特徴づけられています。紀元前587年のバビロン捕囚は、ユダヤ教にとって大きな転機となりました。この時期、神殿の破壊と共に、ユダヤ人は散らばり、ディアスポラ(散在)が始まります。しかし、この困難な時期にも、ユダヤ教はそのアイデンティティを保ち続け、ラビニック・ユダヤ教へと進化していきました。



ユダヤ教と西洋文化
ユダヤ教は西洋文化において、キリスト教との関係を通じて大きな役割を果たしてきました。キリスト教がユダヤ教の聖典である旧約聖書を取り入れたことで、ユダヤ教の思想や倫理は西洋文化に深く根付きました。また、ユダヤ教の継続する存在は、西洋文明に対する挑戦であり、警告でもありました。近代に入り、ユダヤ人が差別や隔離から解放されたことは、人類の自由の象徴とされています。

現代におけるユダヤ教
現代において、ユダヤ人の影響力は文化のあらゆる領域で増していますが、ユダヤ教自体の影響は減少していると言われています。これは、ユダヤ教が教会制度化され、19世紀のヨーロッパの思想と同化した結果、その独自性が薄れたためです。しかし、科学者、政治家、学者、音楽家、芸術家など、多くのユダヤ人が西洋文化に貢献しており、その活動はユダヤ教の伝統から派生している場合もあります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史