manapedia
更新日時:
蜻蛉日記『あまぐもにそる鷹・鷹を放つ』(つくづくと思ひ続くることは〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
619 views
蜻蛉日記『あまぐもにそる鷹・鷹を放つ』

このテキストでは、蜻蛉日記の一節『あまぐもにそる鷹』の「つくづくと思ひ続くることは〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては『鷹を放つ』や『つくづくと思ひつづくることは』と題するものもあるようです。



※蜻蛉日記は平安時代の女流日記です。作者は藤原道綱母(ふじわらのみちつなのはは)で、夫であった藤原兼家との結婚生活の様子などがつづられた作品です。

品詞分解

※名詞は省略しています。



つくづくと思ひ続くることは、なほいかで心と疾く死にもしにしがなと思ふよりほかのこともなきを、ただこの一人ある人を思ふにぞ、いと悲しき。

つくづくと副詞
思ひ続くるカ行下二段活用「おもひつづく」の連体形
こと
は、係助詞
なほ副詞
いかで副詞
格助詞
疾く副詞
死にナ行変格活用「しぬ」の連用形
係助詞
サ行変格活用「す」の連用形
にしがな自己願望の終助詞。終助詞「にしが」+終助詞「な」
格助詞
思ふハ行四段活用「おもふ」の連体形
より格助詞
ほか
格助詞
こと
係助詞
なきク活用の形容詞「なし」の連体形
を、接続助詞
ただ副詞
代名詞
格助詞
一人
あるラ行変格活用「あり」の連体形
格助詞
思ふハ行四段活用「おもふ」の連体形
接続助詞
ぞ、係助詞
いと副詞
悲しき。シク活用の形容詞「かなし」の連体形



人となして、後ろやすからむ妻などに預けてこそ、死にも心やすからむとは思ひしか、いかなる心地してさすらへむずらむと思ふに、なほいと死に難し。

格助詞
なしサ行四段活用「なす」の連用形
て、接続助詞
後ろやすからク活用の形容詞「うしろやすし」の未然形
婉曲の助動詞「む」の連体形
など副助詞
格助詞
預けカ行下二段活用「あづく」の連用形
接続助詞
こそ、係助詞
死にナ行変格活用「しぬ」の連用形
係助詞
心やすからク活用の形容詞「こころやすし」の未然形
推量の助動詞「む」の終止形
格助詞
係助詞
思ひハ行四段活用「おもふ」の連用形
しか、過去の助動詞「き」の已然形
いかなるナリ活用の形容動詞「いかなり」の連体形
心地
サ行変格活用「す」の連用形
接続助詞
さすらへハ行下二段活用「さすらふ」の未然形
むず推量の助動詞「むず」の終止形
らむ現在推量の助動詞「らむ」の終止形
格助詞
思ふハ行四段活用「おもふ」の連体形
に、接続助詞
なほ副詞
いと副詞
死に難し。ク活用の形容詞「しにがたし」の終止形



「いかがはせむ。かたちを変へて、世を思ひ離るやとこころみむ。」と語らへば、まだ深くもあらぬなれど、いみじうさくりもよよと泣きて、

「いかが副詞
係助詞
サ行変格活用「す」の未然形
む。意志の助動詞「む」の連体形
かたち
格助詞
変へハ行下二段活用「かふ」の連用形
て、接続助詞
格助詞
思ひ離るラ行下二段活用「おもひはなる」の終止形
係助詞
格助詞
こころみマ行上一段活用「こころむ」の未然形
む。」意志の助動詞「む」の終止形
格助詞
語らへハ行四段活用「かたらふ」の已然形
ば、接続助詞
まだ副詞
深くク活用の形容詞「ふかし」の連用形
係助詞
あらラ行変格活用「あり」の未然形
打消の助動詞「ず」の連体形
なれ断定の助動詞「なり」の已然形
ど、接続助詞
いみじうシク活用の形容詞「いみじ」の連用形「いみじく」のウ音便
さくり
係助詞
よよと副詞
泣きカ行四段活用「なく」の連用形
て、接続助詞



1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。