manapedia
更新日時:
古文単語「うれへ/憂へ/愁へ」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
36 views
うれへ/憂へ/愁へ

ALT

名詞

意味1

訴え、ぐち、泣き言

[出典]留志長者のこと 宇治拾遺物語
「帝に憂へ申せば、『母上に問へ。』と仰せあれば...」

[訳]:帝に訴え申し上げると、「母に訪ねなさい。」とご命令があるので、母に尋ねると...


意味2

悲しみ、悲哀、嘆き

[出典]:御幸 源氏物語
憂へにたへず、漏らし聞こしめさせし心地なむしはべる。」

[訳]悲しみをこらえきれず、お打ち明け申しあげたような気が致します。


意味3

不安、心配

[出典]若紫 源氏物語
「この世にののしり給ふ光源氏、かかるついでに見奉り給むや。世を捨てたる法師の心地にも、いみじう世の憂へ忘れ、齢伸ぶる人の御ありさまなり。いで御消息聞こえむ。」

[訳]:世間で評判が高くていらっしゃる光源氏を、このような機会に見申し上げなさいませんか。世を捨てた(私のような)法師の心の中にも、たいそう世間の不安を忘れて、寿命が延びるような(気がする光源氏の)ご様子です。さあ、ご挨拶を申し上げましょう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。