manapedia
更新日時:
古文単語「よしばむ/由ばむ」の意味・解説【マ行四段活用】
著作名: 走るメロス
302 views
よしばむ/由ばむ

ALT

マ行四段活用

意味:自動詞

未然形よしばま
連用形よしばみ
終止形よしばむ
連体形よしばむ
已然形よしばめ
命令形よしばめ

由緒ありげに振る舞う、風情や趣があるように見せる、上品ぶる

[出典]車争ひ 源氏物語
「よき女房車多くて、雑々の人なき隙を思ひ定めて、皆さし退けさする中に、網代のすこしなれたるが、下簾のさまなどよしばめるに...」

[訳]:高貴な身分の女性の牛車が多いので、身分の低い者どものいない所(を見つけそこに停める)とよく考えて決め、皆(周りの車)を立ち退かせる中に、網代車で少しよれよれになったもので、下簾の様子が由緒ありげなうえに...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。