manapedia
更新日時:
古文単語「とかや」の意味・解説【連語/終助詞】
著作名: 走るメロス
2,598 views
とかや

ALT

連語

格助詞「と」、係助詞「か」そして間投助詞「や」が一語になったもの。下記の「意味2」では、全体を終助詞ととらえることもできる。

意味1

〜とかいう、〜とかいう人、〜とかいう物

[出典]猫また 徒然草
「何阿弥陀仏とかや、連歌しける法師の、行願寺の辺にありけるが聞きて、ひとり歩かん身は心すべきことにこそと思ひけるころしも...」

[訳]:何阿弥陀仏とかいう、連歌をやっていた法師で、行願寺の辺りで生活していたのがこれを聞いて、(自分のように)一人で歩くような身の人間は気をつけなければならないことであると思っていたちょうどその頃...


意味2

(文末に用いて伝聞を表し)
〜とかいうことだ

[出典]安元の大火 方丈記
「火(ほ)もとは、樋口富小路(ひぐちとみのこうぢ)とかや。」

[訳]:火元は樋口富小路あたりということだ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。