manapedia
更新日時:
古文単語「すぐみち/直道/直路」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
1,638 views
すぐみち/直道/直路

このテキストでは、古文単語「すぐみち/直道/直路」の意味、活用、解説とその使用例を記している。

※「ただち」とも。
名詞

意味

まっすぐな道、近道

[出典]那須野 奥の細道
「那須の黒羽と云所に知人あれば、是より野越にかかりて、直道をゆかんとす。」

[訳]:那須の黒羽というところに知人がいるので、ここ(日光)から那須野を越えて、近道を行こうとする。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。