manapedia
更新日時:
古文単語「すぐる/勝る/優る」の意味・解説【ラ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
3,509 views
すぐる/勝る/優る

このテキストでは、ラ行下二段活用の動詞「すぐる/勝る/優る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。

「すぐる」には
選る
②勝る/優る
などがあるが、ここでは「②勝る/優る」を扱う。
ラ行下二段活用

未然形すぐれ
連用形すぐれ
終止形すぐる
連体形すぐるる
已然形すぐるれ
命令形すぐれよ


意味:自動詞

他より勝っている、秀でる、優れる

[出典]ねずみの婿とり 沙石集
「さては、ねずみは何にもすぐれたるとて、ねずみを婿にとりけり。」

[訳]:それでは、ねずみが何よりも優れているということで、ねずみを婿にとった。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。