manapedia
古文単語「あます/余す」の意味・解説【サ行四段活用】
著作名: 走るメロス
1,984 views
あます/余す

ALT

サ行四段活用

未然形あまさ
連用形あまし
終止形あます
連体形あます
已然形あませ
命令形あませ


意味1:他動詞

もてあます、余計な者として扱う

[出典]:都遷り 方丈記
「時を失ひ世に余されて、期するところなき者は、憂へながらとまりをり。」

[訳]:(出世の)機会を失い世間から余所者にされて、将来に期待するところのない者は、愚痴をこぼしながら(旧都に)留まっている。


意味2:他動詞

取り逃がす、討ち残す

[出典]木曾最期 平家物語
「只今なるのは大将軍ぞ。あますな者ども、もらすな若党、うてや」

[訳]:たったいま(名乗った)のは大将軍だ。討ち残すな皆の者よ、取り逃がすな若者ども、討て。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。