manapedia
古文単語「もていづ/持て出づ」の意味・解説【ダ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
1,072 views
もていづ/持て出づ

ALT

ダ行下二段活用

未然形もていで
連用形もていで
終止形もていづ
連体形もていづる
已然形もていづれ
命令形もていでよ


意味1:他動詞

持って出てくる、持ち出す

[出典]蓬莱の玉の枝 竹取物語
「いとかしこくたばかりて、難波にみそかに持て出でぬ。」

[訳]:たいそう巧みに計画をたてて、(玉の枝を)難波までこっそりと持ち出します。


意味2:他動詞

(人目につくように)
表に出す、目立たせる

[出典]:朝顔 源氏物語
持て出でてらうらうじきことも見えたまはざりしかど...」

[訳]表立って才気があって洗練されている様子にもお見えにならなかったが...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。