manapedia
更新日時:
古文単語「びんなし/便なし」の意味・解説【形容詞ク活用】
著作名: 走るメロス
5,986 views
びんなし/便なし

ALT

形容詞・ク活用

未然形びんなくびんなから
連用形びんなくびんなかり
終止形びんなし
連体形びんなきびんなかる
已然形びんなけれ
命令形びんなかれ


意味1

都合が悪い、具合が悪い、不便だ

[出典]道長の豪胆 大鏡
「よその君達は、便なきことをも奏してけるかなと思ふ。」

[訳]:(命じられた道長以外の)他の君達は、(入道殿は)都合の悪いことを申し上げなさったなと思います。


意味2

感心しない、不当だ、不都合である

[出典]:時平 大鏡
「左の大臣の、一の人といひながら、美麗ことのほかにて参れる、びんなきことなり。」

[訳]:左大臣が、(官位が)一位にあるといいながら、美しさが格別な装いで参内していることは、感心しないことだ。


意味3

気の毒である、かわいそうだ

[出典]:落柿舎の記 風俗文選
「...と侘ぶ。いと便なければ、ゆるしやりぬ。」

[訳]:...とどうにも困って頼んでいる。とても気の毒なので、聞き入れてやった。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。