manapedia
更新日時:
古文単語「いはむや/いはんや/況むや」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
13,760 views
いはむや/いはんや/況むや

ALT

※ハ行四段活用「いふ」の未然形「いは」、推量の助動詞「む」の終止形「む」、反語の係助詞「や」が一語になったもの。

副詞

意味

言うまでもなく、まして

[出典]ある人、弓射ることを習ふに 徒然草
「道を学する人、夕には朝あらむことを思ひ、朝には夕あらむことを思ひて、重ねてねんごろに修せむことを期す。いはんや、一刹那のうちにおいて、懈怠の心あることを知らむや。」

[訳]:仏道を修行する人は、夕方には明日の朝があるだろうと思い、朝には夕方があるだろうと思って、(あとで)もう一度丁寧に修行しようということをあらかじめ計画に入れておきます。(このような人たちは、)まして、一瞬のうちに、怠りの心がひそむことを認識するでしょうか、いや、しないでしょう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。