manapedia
更新日時:
『先従隗始/先づ隗より始めよ』(昭王招賢者〜)書き下し文・わかりやすい現代語訳・口語訳と文法解説
著作名: 走るメロス
71,395 views
『先従隗始/先づ隗より始めよ』

このテキストでは、先従隗始の「昭王招賢者」から始まる部分の原文(白文)、書き下し文と現代語訳、そして文法の解説を記しています。



この故事は、大きな事業や計画を始めるときには、まずは身近なところから始めるのがよいということわざ「まず隗より始めよ」の由来になったものです。

※書籍によって書き出しや内容が異なる場合があります。

前回のテキスト:『先従隗始/先づ隗より始めよ』(燕姫姓〜)書き下し文・現代語訳と解説

白文(原文)

昭王招賢者。
隗曰、
「古之君、有以千金使(※1)涓人(※2)千里馬者。
買死馬骨五百金(※3)而返。
君怒。
涓人曰、

『死馬且買之、況生者乎。
馬今至矣。』

不期年、千里馬至者三。
今王必欲致士、先従隗始。
(※4)況賢於隗者、豈遠千里哉。」


於是昭王為隗改築(※5)宮、師事之。
於是士争趨燕。

書き下し文

昭王賢者を招かんとす。
隗曰はく、

「古の君に、千金を以つて涓人(けんじん)をして千里の馬を求めしむる者有り。
死馬の骨を五百金に買ひて返る。
君怒る。
涓人曰はく、

『死馬すら且つ之を買ふ。
況(いは)んや生ける者をや。
馬今に至らん』と。

期年ならずして、千里の馬至る者三。
今、王必ず士を致さんと欲せば、先(ま)づ隗より始めよ。
況んや隗より賢なる者、豈(あ)に千里を遠しとせんや。」と。


是に於いて昭王、隗の為に改めて宮を築き、之に師事す。
是に於いて士、争ひて燕に趨(おもむ)く。

次ページ:口語訳(現代語訳)


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。