manapedia
更新日時:
大鏡『鶯宿梅』(いとをかしうあはれにはべりしことは〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
84,250 views
テスト対策に!大鏡『鶯宿梅』の品詞分解

このテキストでは、大鏡の一節『鶯宿梅』の「いとをかしうあはれにはべりしことは」から始まる部分の品詞分解を記しています。



大鏡とは

大鏡は平安時代後期に成立したとされる歴史物語です。藤原道長の栄華を中心に、宮廷の歴史が描かれています。


品詞分解


※名詞は省略しています。

「いとをかしうあはれにはべりしことは、この天暦の御時に、清涼殿の御前の梅の木の枯れたりしかば、求めさせ給ひしに、

「いと副詞
をかしう形容詞・シク活用・連用形のウ音便
あはれに形容動詞・ナリ活用・連用形
はべり補助動詞・ラ行変格活用・連用形
過去の助動詞・連体形
こと
は、係助詞
代名詞
格助詞
天暦
格助詞
御時
に、格助詞
清涼殿
格助詞
御梅
格助詞
格助詞
枯れラ行下二段活用・連用形
たり完了の助動詞・連用形
しか過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞
求めマ行下二段活用・未然形
させ使役の助動詞・連用形
給ひ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連用形
過去の助動詞・連体形
に、接続助詞




某主の蔵人にていますがりし時、承りて『若き者どもはえ見知らじ。きむじ求めよ。』とのたまひしかば、一京まかり歩きしかども、はべらざりしに、

某主(なにがしぬし)
格助詞
蔵人
断定の助動詞・連用形
接続助詞
いますがり補助動詞・ラ行変格活用・連用形
過去の助動詞・連体形
時、
承りラ行四段活用・連用形
て、接続助詞
『若き形容詞・ク活用・連体形
者ども
係助詞
副詞
見知らラ行四段活用・未然形
じ。打消推量の助動詞・終止形
きむぢ代名詞
求めよ。』マ行下二段活用・命令形
格助詞
のたまひハ行四段活用・連用形
しか過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞
一京
まかり歩きカ行四段活用・連用形
しか過去の助動詞・已然形
ども、接続助詞
はべらラ行変格活用・未然形
ざり打消の助動詞・連用形
過去の助動詞・連体形
に、接続助詞




西の京のそこそこなる家に、色濃く咲きたる木の、様体うつくしきがはべりしを、掘り取りしかば、

西
格助詞
格助詞
そこそこ代名詞
なる存在の助動詞・連体形
に、格助詞
濃く形容詞・ク活用・連用形
咲きカ行四段活用・連用形
たる存続の助動詞・連体形
の、格助詞
様体
うつくしき形容詞・シク活用・連体形
格助詞
はべりラ行変格活用・連用形
過去の助動詞・連体形
を、格助詞
堀り取りラ行四段活用・連用形
しか過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞






1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。