manapedia
更新日時:
大和物語『姨捨』の品詞分解(助動詞・活用形など)
著作名: 走るメロス
168,363 views
大和物語『姨捨』

このテキストでは、大和物語の中の『姨捨』(信濃の国に更級といふ所に、男住みけり〜)の品詞分解をしています。



※現代語訳:大和物語『姨捨』の現代語訳と解説

※大和物語は、平安時代に成立した歌物語です。
品詞分解

※名詞は省略しています。

信濃の国に更級といふ所に、男住みけり。若き時に親死にければ、をばなむ親のごとくに、若くより添ひてあるに、

信濃の国
格助詞
更級
格助詞
いふハ行四段活用・連体形
に、格助詞
住みマ行四段活用・連用形
けり。過去の助動詞・終止形
若き形容詞・ク活用・連体形
格助詞
死にナ行変格活用・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞
をば
なむ係助詞
格助詞
ごとくに、比況の助動詞・連用形
若く形容詞・ク活用・連用形
より格助詞
添ひハ行四段活用・連用形
接続助詞
あるラ行変格活用・連体形
に、接続助詞



この妻の心、憂きこと多くて、この姑の、老いかがまりてゐたるを常に憎みつつ、男にもこのをばの御心のさがなく悪しきことを言ひ聞かせれけば、

代名詞
格助詞
格助詞
心憂き形容詞・ク活用・連体形
こと
多く形容詞・ク活用・連体形
て、接続助詞
代名詞
格助詞
の、格助詞
老いかがまりラ行四段活用・連用形
接続助詞
ワ行上一段活用・連用形
たる存続の助動詞・連体形
格助詞
常に副詞
憎みマ行四段活用・連用形
つつ、接続助詞
格助詞
係助詞
代名詞
格助詞
をば
格助詞
御心
格助詞
さがなく形容詞・ク活用・連用形
悪しき形容詞・シク活用・連体形
こと
格助詞
言ひ聞かせサ行下二段活用・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞



昔のごとくにもあらず、おろかなること多く、このをばのためになりゆきけり。

格助詞
ごとくに比況の助動詞・連用形
係助詞
あら補助動詞・ラ行変格活用・未然形
ず、打消の助動詞・連用形
おろかなる形容動詞・ナリ活用・連体形
こと
多く、形容詞・ク活用・連用形
代名詞
接続助詞
をば
格助詞
ため
格助詞
なりゆきカ行四段活用・連用形
けり。過去の助動詞・終止形



このをば、いといたう老いて、二重にてゐたり。これをなほ、この嫁、ところせがりて、今まで死なぬことと思ひて、よからぬことを言ひつつ、

代名詞
格助詞
をば、
いと副詞
いたう形容詞・ク活用・連用形のウ音便
老いヤ行上二段活用・連用形
て、接続助詞
二重
にて格助詞
ワ行上一段活用・連用形
たり。存続の助動詞・終止形
これ代名詞
格助詞
なほ、副詞
代名詞
格助詞
嫁、
ところせがりラ行四段活用・連用形
て、接続助詞
まで副助詞
死なナ行変格活用・未然形
打消の助動詞・連体形
こと
格助詞
思ひハ行四段活用・連用形
て、接続助詞
よから形容詞・ク活用・未然形
打消の助動詞・連体形
こと
格助詞
言ひハ行四段活用・連用形
つつ、接続助詞



「もていまして、深き山に捨て給びてよ。」とのみ責めければ、責められわびて、さしてむと思ひなりぬ。

「もてタ行四段活用・連用形
いましサ行四段活用・連用形
て、接続助詞
深き形容詞・ク活用・連体形
格助詞
捨てタ行下二段活用・連用形
給び尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連用形
てよ。」完了の助動詞・命令形
格助詞
のみ副助詞
責めマ行下二段活用・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞
責めマ行下二段活用・未然形
られ受身の助動詞・連用形
わびバ行上二段活用・連用形
て、接続助詞
副詞
サ行変格活用・連用形
強意の助動詞・未然形
意志の助動詞・終止形
格助詞
思ひなりラ行四段活用・連用形
ぬ。完了の助動詞・終止形



1ページ
前ページ
1/3
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。