新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

大鏡『菅原道真の左遷(東風吹かば)』のわかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『菅原道真の左遷(東風吹かば)』

ここでは、大鏡の「時平」から、「醍醐の帝の御時、この大臣、左大臣の位にて年いと若くておはします〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては、『菅原道真の左遷』や『東風吹かば』などと題するものもあるようです。

原文

醍醐の帝の御時、この大臣、左大臣の位にて年いと若くおはします。菅原の大臣、右大臣の位にておはします。その、帝御年いと若くおはします。左右の大臣に(※1)世の政を行ふべきよし(※2)宣旨下さしめ給へりしに、その折、左大臣、御年二十八、九ばかりなり。右大臣の御年五十七、八にやおはしましけむ。ともに世の政をせしめ給ひしあひだ、右大臣はよに優れめでたくおはしまし、御心おきても、ことのほかにかしこくおはします。左大臣は御年も若く、才もことのほかに劣り給へるにより、右大臣の御おぼえことのほかにおはしましたるに、左大臣安から思したるほどに、さるべきにやおはしけむ、右大臣の御ためよからぬこと出できて、(※3)昌泰四年正月二十五日、大宰権帥になしたてまつりて、(※4)流され給ふ。

この大臣、子どもあまたおはせしに、女君たちは婿取り、男君たちは皆、ほどほどにつけて位どもおはせしを、それも皆方方に流され給ひてかなしきに、幼くおはしける男君・女君たち慕ひ泣きておはしければ、

と、朝廷も許させ給ひしぞかし。帝の御(※5)掟きはめてあやにくにおはしませば、この御子どもを、同じつかはさざりけり。方方にいとかなしく思し召して、御(※6)前の梅の花を御覧じて、
東風吹かばにほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ

歌の解説

また、(※7)亭子の帝聞こえさせ給ふ、 
流れゆくわれはみづくとなりはてぬ 君しがらみとなりてとどめよ

歌の解説


なきことにより、かく罪せられ給ふを、かしこく思し嘆きて、やがて山崎にて出家せしめ給ひて、都遠くなる(※8)ままにあはれに心細く思されて、
 
君が住む宿の梢をゆくゆくと隠るるまでも返り見しはや

歌の解説

また、(※9)播磨の国におはしまし着きて、明石の駅といふ所に御宿りせしめ給ひて、駅の長のいみじく思へる気色を御覧じて、作らしめ給ふ詩、いとかなし。
駅長莫驚時変改
一栄一落是春秋

現代語訳(口語訳)

醍醐天皇の御代に、この大臣(藤原時平)は、左大臣の位で歳はとても若くていらっしゃいます。菅原の大臣(菅原道真)は右大臣の位でいらっしゃいます。その時、帝(醍醐天皇)はたいそうお若くていらっしゃいます。(そのために)左右の大臣に御代の政治を行いなさいという旨の宣旨をお申し渡させなさったのですが、そのとき左大臣は二十八,九歳ほどでした。右大臣のお歳は五十七、八歳ほどでいらっしゃったでしょうか。一緒に御代の政治を行われていらっしゃった期間といえば、右大臣(菅原道真)は学識にとても富み立派でいらっしゃいますし、ご性格も、格別にすばらしくていらっしゃいます。(一方)左大臣はお年も若く、学識も格段とひけをとっていらっしゃるので、右大臣への帝のご信頼は格別なものでございましたが、(そのことを)左大臣は心安らかではなくお思いになるうちに、そうなるはずの運命でいらっしゃったのでしょうか、右大臣殿にとって好ましくないことが生じ、昌泰四年一月二十五日に、(朝廷が右大臣を)大宰権帥に任命し申し上げ、(太宰府へと)左遷されなさいます。

この大臣(菅原道真)には、子どもが多くいらっしゃいましたが、姫君たちは婿を取り、ご子息たちは皆、それぞれ身分に応じて位などがおありでしたのを、その人たちも皆あちらこちらに左遷されになって悲しいのに、(まだ)幼くていらっしゃった男君や女君たちが、(父である菅原道真を)慕って泣いていらっしゃったので、
「幼い者は(連れていっても)差し支えないだろう。」

と、朝廷もお許しになったのですよ。帝のご処置が、非常に厳しくていらっしゃったので、このご子息たちを、同じ場所におやりにならなかったのでした。(菅原道真は)あれこれととても悲しくお思いになって、お庭先の梅の花をご覧になって(お詠みになられた歌)
(春になって)東の風が吹いたならば、その香りを(私のもとまで)送っておくれ、梅の花よ。主人がいないからといって、(咲く)春を忘れてくれるなよ。

また、宇多天皇に申し上げなさる(歌)
(太宰府へと)流れていく私は、水の藻屑のような身になってしまいました。我が君よ、どうか(水屑をせき止める)しがらみとなって、私をとどめてください。

無実の罪によって、このように罰せられなさるのを、大いに嘆き悲しまれ、まもなく(道中の)山崎で出家なさり、都が遠くなるにつれて、しみじみと心細くお思いになって(お詠みになった歌)
あなたが住んでいる家の梢を、(西への)道すがら、(それが)隠れ(て見えなくな)るまで振り返って見たことですよ。

また、播磨の国にご到着になって、明石の駅という所にお泊まりになり、(そこの)駅長がたいそう心配する様子を(菅原道真)がご覧になって、お作りになられた歌は、とても悲しいものです。
駅長よ、時の変化を驚くことはありません。
栄枯盛衰というのは、春に草木が芽生え、秋に散っていくのと同じことですよ。

次ページ:品詞分解と単語解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選古典B』大修館
『教科書 精選古典B 』三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 223,899 pt 
 役に立った数 312 pt 
 う〜ん数 78 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。