manapedia
更新日時:
土佐日記『忘れ貝』(四日。楫取り、『今日、風雲のけしきはなはだ悪し〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
40,817 views
土佐日記『二月四日/忘れ貝』

このテキストでは、土佐日記の「四日。楫取り、『今日、風雲のけしきはなはだ悪し』と言ひて〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「二月四日」や「忘れ貝」と題するものもあるようです。



※現代語訳:土佐日記『忘れ貝』わかりやすい現代語訳と解説

※土佐日記は平安時代に成立した日記文学です。日本の歴史上おそらく最初の日記文学とされています。作者である紀貫之が、赴任先の土佐から京へと戻る最中の出来事をつづった作品です。
品詞分解

※名詞は省略しています。


四日。楫取り、「今日、風雲のけしきはなはだ悪し。」と言ひて、船いださずなりぬ。しかれども、ひねもすに波風立たず。この楫取りは、日もえ測らぬかたゐなりけり。

四日。
楫取り、
「今日、
風雲
格助詞
けしき
はなはだ副詞
悪し。」シク活用の形容詞「あし」の終止形
格助詞
言ひハ行四段活用・連用形
て、格助詞
いださサ行四段活用「いだす」の未然形
打消の助動詞「ず」の連用形
なりラ行四段活用「なり」の連用形
ぬ。完了の助動詞「ぬ」の終止形
しかれども、接続詞
ひねもす名詞
係助詞
波風
立たタ行四段活用・未然形
ず。打消の助動詞・終止形
代名詞
格助詞
楫取り
は、係助詞
係助詞
副詞
測らラ行四段活用・未然形
打消の助動詞・連体形
かたゐ
なり断定の助動詞・連用形
けり。詠嘆の助動詞・終止形



この泊の浜には、くさぐさのうるはしき貝・石など多かり。かかれば、ただ昔の人をのみ恋ひつつ、船なる人の詠める、

代名詞
格助詞
格助詞
格助詞
は、係助詞
くさぐさ
格助詞
うるはしき形容詞・シク活用・連体形
貝・石
など副詞
多かり。形容詞・ク活用・終止形
かかれば、名詞
ただ副詞
格助詞
格助詞
のみ副助詞
恋ひハ行上二段活用・連用形
つつ、接続助詞
なる存続の助動詞・連体形
格助詞
詠めマ行四段活用・命令形
る、完了の助動詞・連体形



「寄する波うちも寄せなむわが恋ふる人忘れ貝降りて拾はむ」と言へれば、ある人のたへずして、船の心やりに詠める、

「寄するサ行下二段活用「よす」の連体形
うち接頭語
係助詞
寄せサ行下二段活用「よす」の未然形
なむ終助詞
代名詞
格助詞
恋ふるハ行上二段活用「こふ」の連体形
忘れ貝
降りラ行上二段活用「おる」の連用形
接続助詞
拾はハ行四段活用「ひろふ」の未然形
む。」意志の助動詞「む」の終止形
格助詞
言へハ行四段活用・命令形
完了の助動詞・已然形
ば、接続助詞
あるラ行変格活用・連体形
格助詞
たへハ行下二段活用・未然形
打消の助動詞・連用形
して、接続助詞
格助詞
心やり
格助詞
詠めマ行四段活用・命令形
る、完了の助動詞・連体形



「忘れ貝拾ひしもせじ白玉を恋ふるをだにも形見と思はむ」となむ言へる。女児のためには、親幼くなりぬべし。

「忘れ貝
拾ひハ行四段活用「ひろふ」の連用形
しも副助詞
サ行変格活用「す」の未然形
打消意志の助動詞「じ」の終止形
白珠
格助詞
恋ふるハ行上二段活用「こふ」の連体形
格助詞
だに連語、または副助詞「だに」+係助詞「も」
形見
格助詞
思はハ行四段活用「おもふ」の未然形
む。」意志の助動詞「む」の終止形
格助詞
なむ係助詞
言へハ行四段活用・命令形
る。完了の助動詞・連体形
女児
格助詞
ため
格助詞
は、係助詞
幼く形容詞・ク活用・連用形
なりラ行四段活用・連用形
強意の助動詞「ぬ」の終止形
べし。推量の助動詞「べし」の終止形


【「忘れ貝拾ひしもせじ白玉を恋ふるをだにも形見と思はむ」わかりやすい現代語訳】


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。