manapedia
更新日時:
源氏物語「橋姫」(秋の末つ方〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
6,118 views

「山おろし
に(格助詞)
たへ(ハ行下二段活用・未然形)
ぬ(打消の助動詞・連体形)
木の葉
の(格助詞)

より(格助詞)
も(係助詞)
あやなく(形容詞・ク活用・連用形)
もろき(形容詞・ク活用・連体形)
我(代名詞)
が(格助詞)

かな(終助詞)
山がつ
の(格助詞)
おどろく(カ行四段活用・連体形)
も(係助詞)
うるさし(形容詞・ク活用・終止形)。」

とて(格助詞)、
随身
の(格助詞)

も(係助詞)
せ(サ行変格活用・未然形)
させ(使役の助動詞・連用形)
給は(尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・未然形)
ず(打消の助動詞・終止形)。


の(格助詞)

を(格助詞)
分け(カ行下二段活用・連用形)
つつ(接続助詞)、
そこはかとなき(連語:副詞「そこはかと」+形容詞「なし」・ク活用・連体形)

の(格助詞)
流れども
を(格助詞)
踏みしだく(カ行四段活用・連体形)

の(格助詞)
足音
も(係助詞)、
なほ(副詞)、
忍び(バ行上二段活用・連用形)
て(接続助詞)
と(格助詞)
用意し(サ行変格活用・連用形)
給へ(尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・命令形)
る(存続の助動詞・連体形)
に(接続助詞)、
隠れなき(形容詞・ク活用・連体形)
御にほひ
ぞ(係助詞)、

に(格助詞)
従ひ(ハ行四段活用・連用形)
て(接続助詞)、

「主
知ら(ラ行四段活用・未然形)
ぬ(打消の助動詞・連体形)
香。」

と(格助詞)
おどろく(カ行四段活用・連体形)、
寝覚め
の(格助詞)
家々
あり(ラ行変格活用・・連用形)
ける(過去の助動詞・連体形)。

つづき
「近くなるほどに〜」の品詞分解

1ページ
前ページ
3/3
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。