manapedia
更新日時:
古文単語「なからひ/仲らひ」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
938 views
なからひ/仲らひ

ALT

名詞

意味

人と人の間柄、男女の仲

[出典]刑部卿敦兼と北の方 古今著聞集
「...と、繰り返し歌ひけるを、北の方聞きて、心はや直りにけり。それより殊に仲らひめでたくなりにけるとかや。」

[訳]:...と繰り返し歌うのを、夫人が聞いて、心がすぐに元通りになりました。それから、特に夫婦仲が素晴らしくなっていったとかいうことです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。