manapedia
更新日時:
蒙求『紀昌貫虱』現代語訳・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
74,616 views

現代語訳(口語訳)

甘蠅は、はるか昔の弓の名人でした。弓を引けば獣はひれ伏し、鳥は(空から)落ちてきました。

飛衛は甘蠅に弓を学び、その巧みさは師(甘蠅のこと)を凌いでいました。

紀昌は、弓を飛衛に学ぼうとしました。飛衛が言いました。
「お前はまず瞬きをしないことを学んで、それから弓のこと(弓を学びたいということ)を言いなさい。」と。


紀昌は家に帰って、妻の機織り機の下に横になって、目で牽挺の動きをおいました
二年後には、錐(きり)の先端を目尻に向けても(錐をさかさまに持って、その先端を目尻に向けても)瞬きをしなくなりました。そしてそのことを飛衛に告げました。

飛衛は言いました。
「まだまだだ。視ることを学べば、(弓について教わることを)許可する。小さい物が大きい物のように見えるように、微小なものが顕著にはっきりと見えるようになったら、私に告げなさい。」と。



紀昌はヤクの尾の毛を使って虱(シラミ)を窓につるして、これを眺めました。
10日ぐらいの間で次第に大きく見えるようになりました。

三年後には、(シラミが)車輪のように(大きく見えるように)なりました。そして他の物を見たところ、すべてが丘や山のように(大きく)見えました。

そこで嚥の鹿角で作られた弓と北方のよもぎの茎で作った矢柄で、これ(シラミ)を射てみたところ、シラミの心臓を貫き、しかもシラミをつるしていた糸は切れていませんでした。

単語・文法解説

彀弓弓を十分に引くこと
凌いでいる、超越している
牽挺機織り機の足で操作する部分
雖錐末倒皆而不瞬「雖A」で「Aといへども」と読み、「例えAをしても」と訳す。「皆」は「目尻」を意味する
ヤクの尾の毛
旬日10日ぐらい
燕角之弧朔蓬之簳「嚥」は春秋戦国時代の国名、「朔蓬」は「北方」を意味する。



1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。