manapedia
更新日時:
古本説話集『平中が事』テストで出題されそうな問題
著作名: 走るメロス
21,123 views

解答

Q1:硯瓶、出居、畳紙、物の故を現代仮名遣いで記しなさい。

A:硯瓶「すずりがみ」
出居「いでい」
畳紙「たとうがみ」
物の故「もののけ」


Q2:「さしも心に入らぬ女」を現代語訳しなさい。

A:たいして愛していない女性

Q3「間木に物をさし置きけるを」の主語を文中の言葉で答えなさい。:

A:平中

Q4:「物の故なめり」の「なめり」を文法的に説明しなさい。

A:断定の助動詞「なり」の連用形の撥音便+推定の助動詞「めり」の終止形で「なんめり」と変化したものの「ん」を省略したもの

Q5:「夜明けて見れば」の主語を文中の言葉で答えなさい。

A:平中

Q6:「その後そら泣きの涙、丁子含む事、とどめてけるとぞ」とあるが、その理由を答えなさい。

A:妻に浮気をたしなめられたため。


現代語訳と解説

古本説話集『平中が事』わかりやすい現代語訳と文法解説

1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。