manapedia
更新日時:
シュメール人とは 世界史用語99
著作名: ピアソラ
424 views
シュメール人とは

シュメール人は、紀元前4100年から紀元前1750年頃にかけて、メソポタミア南部の地域に栄えた古代文明の人々です。シュメールという名前は、この地域を「文明化された王たちの土地」と呼んだアッカド人から来ています。シュメール人自身は、自分たちの地域を「国土」や「黒頭の人々の国土」と呼んでいました。シュメール人はどこから来たのかは不明ですが、紀元前2900年頃にはメソポタミア南部に定住していました。

シュメール人は、現代の人類が理解する文明の創造者と考えられています。彼らは、言語、政治、建築などの分野で多くの革新や発明を行いました。彼らは、昼と夜を12時間に分け、時間を60分、分を60秒に分けることで、時間を「発明」しました。彼らの他の革新や発明には、最初の学校、大洪水の物語や他の聖書の物語の最古のバージョン、最古の英雄叙事詩、官僚制度、巨大建築、灌漑技術などがあります。



シュメール人の歴史は、現代の学者によって6つの時代に分けられています。

ウバイド期(紀元前5000年~紀元前4100年)
ウルク期(紀元前4100年~紀元前2900年)
初期王朝期(紀元前2900年~紀元前2334年)
アッカド期(紀元前2334年~紀元前2218年)
グティ期(紀元前2218年~紀元前2047年)
ウル第三王朝期(またはシュメール文明の復興期とも呼ばれる)(紀元前2047年~紀元前1750年)
ウバイド期の人々の起源や文化も不明ですが、彼らはいくつかの興味深い遺物を残し、後に都市となり、ウルク期に都市国家として発展した最初の共同体をおそらく建設しました。

ウルク期には、シュメール人は文字を発明し、世界最古の文書を書きました。彼らは楔形文字と呼ばれる象形文字を粘土板に刻みました。この文字は、シュメール語だけでなく、アッカド語や他の言語にも使われました。シュメール人は、神話、法律、契約、歴史、詩など、さまざまなジャンルの文学作品を書きました。最も有名な作品の一つが、ギルガメシュ叙事詩です。これは、ウルクの王ギルガメシュとその友人エンキドゥの冒険と死を描いた物語です。

初期王朝期には、シュメール人は都市国家を形成し、王や神官によって統治されました。都市国家とは、一つの都市とその周辺の農村や村落からなる独立した政治的単位です。シュメール人の都市国家には、ウル、ウルク、エリドゥ、ラガシュ、キシュ、ナンニルなどがありました。これらの都市国家は、しばしば争いや同盟を繰り返しました。シュメール人は、都市国家の間の戦争や平和を記録するために、王名表と呼ばれる文書を作りました。王名表は、各都市国家の王の名前と在位期間を記録したもので、シュメール人の歴史の重要な資料です。

シュメール人は、自然や社会の現象を神々の働きと考えていました。彼らは、多数の神々を信仰し、神々に仕えるために神殿や祭壇を建てました。シュメール人の神々には、天空の神アヌ、大気の神エンリル、水と知恵の神エンキ、愛と戦の女神イナンナ、太陽の神ウトゥ、月の神ナンナなどがありました。シュメール人は、神々が人間を粘土で作り、自分たちのために働かせるために息を吹き込んだと信じていました。シュメール人は、神々に感謝や祈りを捧げるために、さまざまな祭りや儀式を行いました。

アッカド期には、シュメール人は、セム語系の民族であるアッカド人に征服されました。アッカド人の王サルゴンは、紀元前2334年頃にシュメール人の都市国家を征服し、メソポタミアの大部分を支配する最初の帝国を建設しました。サルゴンは、シュメール人の文化や宗教を尊重し、シュメール人の文学や芸術を奨励しました。アッカド人とシュメール人は、文化的に融合し、アッカド語とシュメール語の両方を使うようになりました。アッカド帝国は、紀元前2218年頃に、山岳民族であるグティ人によって滅ぼされました。





1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史