manapedia
更新日時:
大鏡『競べ弓・南院の競射・道長と伊周・弓争ひ(帥殿の、南院にて〜)』の品詞分解
著作名: 走るメロス
299,580 views

次に、帥殿射給ふに、いみじう臆し給ひて、御手もわななく故にや、的のあたりにだに近く寄らず、無辺世界を射給へるに、関白殿、色青くなりぬ。


に、格助詞
帥殿
ヤ行上一段活用・連用形
給ふ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連体形
に、接続助詞
いみじう形容詞・シク活用・連用形のウ音便
臆しサ行変格活用・連用形
給ひ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連用形
て、接続助詞
御手
係助詞
わななくカ行四段活用・連体形
断定の助動詞・連用形
や、係助詞
格助詞
あたり
格助詞
だに副助詞
近く形容詞・ク活用・連用形
寄らラ行四段活用・未然形
ず、打消の助動詞・連用形
無辺世界
格助詞
ヤ行上一段活用・連用形
給へ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・已然形または命令形
完了の助動詞・連体形
に、接続助詞
関白殿、
青く形容詞・ク活用・連用形
なりラ行四段活用・連用形
ぬ。完了の助動詞・終止形



また、入道殿射給ふとて、「摂政・関白すべきものならば、この矢当たれ。」と仰せらるるに、初めの同じやうに、的の破るばかり、同じところに射させ給ひつ。

また、接続詞
入道殿
ヤ行上一段活用・連用形
給ふ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・終止形
とて、格助詞または格助詞「と」+接続助詞「て」
「摂政・関白
サ行変格活用・終止形
べき当然の助動詞・連体形
もの
なら断定の助動詞・未然形
ば、接続助詞
代名詞
格助詞
当たれ。」ラ行四段活用・命令形
格助詞
仰せサ行下二段活用・未然形
らるる尊敬の助動詞・連体形
に、接続助詞
初め
格助詞
同じ形容詞・シク活用・連体形
やうに、比況の助動詞・連用形
格助詞
破るラ行下二段活用・終止形
ばかり、副助詞
同じ形容詞・シク活用・連体形
ところ
格助詞
ヤ行上一段活用・未然形
させ尊敬の助動詞・連用形
給ひ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連用形
つ。完了の助動詞



饗応し、もてはやし聞こえさせ給ひつる興もさめて、こと苦うなりぬ。父大臣、帥殿に、「何か射る。な射そ、な射そ。」と制し給ひて、ことさめにけり。

饗応し、サ行変格活用・連用形
もてはやしサ行四段活用・連用形
聞こえ謙譲の補助動詞・ヤ行下二段活用・未然形
させ尊敬の助動詞・連用形
給ひ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連用形
つる完了の助動詞・連体形
係助詞
さめマ行下二段活用・連用形
て、接続助詞
こと
苦う形容詞・ク活用・連用形のウ音便
なりラ行四段活用・連用形
ぬ。完了の助動詞・終止形
父大臣、
帥殿
に、格助詞
「何副詞
係助詞
射る。ヤ行上一段活用・連体形
副詞
ヤ行上一段活用・連用形
そ、終助詞
副詞
ヤ行上一段活用・連用形
そ。」終助詞
格助詞
制しサ行変格活用・連用形
給ひ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連用形
て、接続助詞
ことさめマ行下二段活用「ことさむ」の連用形
完了の助動詞・連用形
けり。過去の助動詞・終助詞


【「ことさむ」の意味は?】



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。