manapedia
更新日時:
杜甫『登高』テストに出題されそうな問題
著作名: 走るメロス
32,568 views

Q1:この句の詩形を答えよ。

A:七言律詩

Q2:この句で韻をふんでいる文字をすべて答えよ。

A:哀、廻、来、台、杯

Q3:「渚」、「艱難」、「潦倒」を現代仮名遣いで読め。

A:「渚(なぎさ)」、「艱難(かんなん)」、「潦倒(ろうとう)」

Q4:「滾滾」とはどのような様子を表すか答えよ。

A:水が盛んに流れる様子

Q5:「客」とはここではどのような意味で使われているか答えよ。

A:旅人

書き下し文・口語訳・文法解説

『登高』書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説

1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。