新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

杜甫『登高』書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
杜甫 『登高』

ここでは、中国の詩人、杜甫が詠んだ漢詩「(※1)登高」(とうこう)の原文(白文)、書き下し文と現代語訳・口語訳、文法解説(七言律詩/押韻/対句など)を記しています。

白文(原文)

※左から右に読んでください

風 急 天 高 猿 嘯 哀
渚 清 沙 白 鳥 飛 廻
無 辺 落 木 蕭 蕭 下
不 尽 長 江 滾 滾 来
万 里 悲 秋 常 作 客
百 年 多 病 獨 登 台
艱 難 苦 恨 繁 霜 鬢
潦 倒 新 停 濁 酒 杯

書き下し文

風 急 天 高 (※2)猿 嘯
風急に天高くして猿嘯哀し
かぜきゅうにてんたかくして えんしょうかなし

渚 清 沙 白 鳥 飛 廻
渚清く沙白くして鳥飛び廻る
なぎさきよく すなしろくして とりとびめぐる

無 辺 (※3)落 木 (※4)蕭 蕭
無辺の落木蕭蕭として下り
むへんのらくぼく しょうしょうとしてくだり

不 尽 長 江 (※5)滾 滾
不尽の長江袞袞として来たる
ふじんのちょうこう こんこんとしてきたる

万 里 悲 秋 常 作 客
万里悲秋常に客と作り
ばんりひしゅう つねにかくとなり

(※6)百 年 多 病 獨 登 台
百年多病独り台に登る
ひゃくねんたびょう ひとりだいにのぼる

(※7)艱 難 苦 恨 (※8)繁 霜 鬢
艱難苦だ恨む繁霜の鬢
かんなん はなはだうらむ はんそうのびん

(※9)潦 倒 新 停 濁 酒 杯
潦倒新たに停む濁酒の杯
ろうとう あらたにとどむ だくしゅのはい

口語訳(現代語訳)

風急に天高くして猿嘯哀し
(高台に登ると)風は激しく吹き、天は抜けるように高く(澄んでおり)、(そんな中)猿の鳴き声が悲しそうに聞こえる。

渚清く沙白くして鳥飛び廻る
(見下ろすと揚子江の)波打ち際は清らかで、砂は白く、(その上を)鳥が飛び回っている。

無辺の落木蕭蕭として下り
果てしなく続く木からは葉がさびしく落ち、

不尽の長江袞袞として来たる
尽きることのない揚子江の水は、盛んに流れてくる。

万里悲秋常に客と作り
(故郷から)遠く離れた土地で物悲しい秋を迎え、(私は)相も変わらぬ流浪の身の旅人であり、

百年多病独り台に登る
一生多病である身で(この重陽の節句に)一人高台に登っているのである。

艱難苦だ恨む繁霜の鬢
とても恨めしく思う、(長年の)悩みや苦しみで霜のように髪の毛が白くなってしまったことを。

潦倒新たに停む濁酒の杯
年老いて落ちぶれ(たこの私は)、(病のために、楽しみであった)濁り酒もやめたばかりである。

単語

(※1)登高中国では、重陽の節句(9月9日)に郊外の丘など高い場所へ、家族や友人たちとピクニックに出掛け酒を飲む風習があった。これを「登高」という。
(※2)猿嘯猿の鳴き声
(※3)落木落葉した木
(※4)無辺果てしない
(※5)滾滾水が盛んに流れる様子
(※6)百年ここでは「一生」と訳す
(※7)艱難困難なことで悩み苦しむこと
(※8)繁霜鬢霜のように白くなった髪の毛
(※9)潦倒年老いて落ちぶれること


次ページ:文法解説(七言律詩/押韻/対句)とテストに出題されそうな問題

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 古典 古文編』 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 130,347 pt 
 役に立った数 94 pt 
 う〜ん数 20 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。