manapedia
更新日時:
ドラヴィダ語族とは 世界史用語86
著作名: ピアソラ
186 views
ドラヴィダ語族とは

ドラヴィダ語族は、インド亜大陸における主要な言語の一つとなっています。この語族には約70の言語があり、その話者は2億1千5百万人にも及びます。主に南インドとスリランカで話されていますが、周辺地域にも広がっています。ここでは、ドラヴィダ語族の起源と展開について、インド・ヨーロッパ語族との関係、南インドとスリランカの文化、分布の拡大と多様性の三つの観点から解説します。

インド・ヨーロッパ語族との関係

ドラヴィダ語族とインド・ヨーロッパ語族は異なる語族ですが、古代から相互に影響し合ってきました。紀元前2千年頃、インド・ヨーロッパ語族が侵入し、サンスクリットという言語をもたらしました。サンスクリットはヒンドゥー教の聖典や哲学の著作などに使用され、ドラヴィダ語から多くの単語を借用しました。一方で、ドラヴィダ語族は南インドでサンスクリットと接触し、その影響を受けました。サンスクリットの音韻体系がドラヴィダ語族の言語に影響を与え、相互の言語共同体を形成してきました。

南インドとスリランカの文化

ドラヴィダ語族の主要な言語は南インドとスリランカで話され、それぞれの地域の文化に深く結びついています。特にテルグ語、タミル語、カンナダ語、マラヤーラム語は重要で、これらの言語は各州の公用語として認められています。これらの言語は古典的な美しさを持ち、文学伝統が栄えています。スリランカではシンハラ語とタミル語が公用語となっていますが、これが対立の原因となりました。異なる言語や宗教によって引き起こされた対立は、長らく続いた内戦をもたらしました。

分布の拡大と多様性

ドラヴィダ語族は南インドとスリランカだけでなく、パキスタン、アフガニスタン、ネパール、バングラデシュ、ブータンなどの周辺地域にも広がっています。これらの地域ではドラヴィダ語族は少数派でありながら、独自の発展を遂げています。植民地時代には世界中にも広がり、今日では中東、ヨーロッパ、北米、オセアニアなどでも話者が存在します。これらの言語は、ドラヴィダ語族の多様性を示しています。

ドラヴィダ語族はインド亜大陸の歴史と文化に大きな影響を与えてきました。その一方で、他の言語や文化との交流によっても変化しています。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史