manapedia
更新日時:
「相殺」は「そうさつ?」正しい読み方と意味を解説
著作名: 春樹
5,619 views
「相殺」は「そうさつ」じゃない?

言葉の意味は知っているけどなかなか読むことができない。そんな漢字にフォーカスしていきます。今回は「相殺」です。「相殺」を「そうさつ」と読んだ人は要注意です。このテキストでは「相殺」の正しい読み方と意味について解説していきます。



「相殺」の読み方

「相殺」は「そうさい」と読みます。

※「そうさつ」という読み方を掲載している辞書もあります。しかし、本来の正しい読み方は「そうさい」です。「そうさつ」のように本来正しくはない読み方ですが、一般に広く用いられたことで定着した読み方のことを慣用読みと言います。

「相」

「相」は小学校で学習する漢字です。音読みで「ソウ・ショウ」と読み、訓読みで「あい」などと読みます。


「殺」は小学校で学習する漢字です。音読みで「サツ・サイ・セツ」と読み、訓読みで「ころ(す)」などと読みます。

「殺」は、「減殺(ゲンサイ)」などのように「減らす・削ぐ」という意味で使われるときにのみ「サイ」と読みます

「相殺」の意味

「相殺」の意味は
①貸し借り・損得などを互いに消し合ってゼロにすること。

②相反するものが互いに影響し合って、その効果などが差し引きされること。

③ 〘法〙 二人が互いに相手方に対して同種の債権をもっている場合に、相互の債権を対当額だけ消滅させること。

※大辞林では「そうさつ」という読み方も掲載しています。その場合の意味は「互いに殺し合うこと。」となります。

出典:『大辞林 第3版』三省堂

「相殺」の使い方

「ダメージを相殺する」

まとめ

「相殺」は「そうさい」と読みます。

是非この機会に覚えてくださいね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語